サイトメニュー

納得のいく施術を

医者と看護師

コンプレックスを解消

二重整形には2種類の方法がありますが、手軽な方法だと言われているのが糸を使って二重にする埋没法です。メスを使う時と比べるとダウンタイムも短く、手術自体は数分で終える事も出来ると言うのが大きなメリットです。また、糸を取り外す事で再度手術が出来るようになるので、修復もやりやすいと言うのが大きな特徴といえます。ただ、値段は安く設定されている事も多々ありますが、安いということだけで選んでしまうと仕上がり等にも納得がいかない問題が発生するリスクも出てきます。また、切開法の場合は埋没法に比べると費用は高くなりますが、まぶたの様々な状態に合わせて手術を行うことが出来るメリットもあります。では実際にはどの方法を選ぶかというと、やはり目の状態、さらにラインをどのように付けたいかと言う事などで選ぶ事が基本です。またクリニック選ぶに関しては無料で受けられるカウンセリングを利用し、どの様な病院か、さらに納得のいく手術となりそうかどうかをチェックして選ぶ方法がおすすめです。一言で二重整形と言っても、実は2種類に分かれていますが、実際に手術を受ける際はどの方法で行うかと言うことだけでなく、どの様なラインにするかも決める必要があります。例えば、二重のラインが目頭から目じりに向かって進むタイプを末広型と言いますが、これは、日本人にも多く見られるタイプです。また、ラインが目頭から少し離れたところからスタートするのが平行型で、現在はぱっちりとした印象から人気のあるタイプです。そのため、実際にどの様な感じの目にしたいか、顔の印象にしたいかによっても選ぶべき方法が変わってくるため、まずは病院で相談しましょう。一般的には末広型と呼ばれるのは、控えめな印象となり、平行型は華やかな印象を見る人に与える傾向となっています。また、ラインを作るだけではなく、実際には目頭を切開したり、覆いかぶさっている蒙古ひだを取り除く手術も行う場合があります。このようにすることで、ただ単に二重のラインを作るだけとは違い、より自分のイメージしている目に近づけやすくなると言うメリットがあるのです。

Copyright© 2018 憧れの二重なら埋没法!【ダウンタイムが短くなるので受けやすい】 All Rights Reserved.