サイトメニュー

理想のラインを意識する

女性の目元

意思の共有を図る

二重形成はより費用を抑えることができるようになっています。埋没法ですと両目に3点どめで、4万5千円円くらいで行うことができます。片方のまぶたにとめる糸の数は、まぶたの厚みや脂肪の量によって異なることを意識して、埋没法の費用を判断することも大切です。全切開で二重にすると、30万くらいかかるので、費用を抑えたい時は埋没法を選択すると効果的です。二重形成で成功するには、自分の希望を上手く整理して医師とその希望イメージを上手く共有する必要があります。二重形成の技術は進化していて、手術自体の失敗確率はかなり低いですが、医師と上手く共有できなかった時に失敗と感じることがあります。埋没法は手術後に元に戻ることがありますし、糸を外して再手術をすることもできますが、切開法はやり直しがきかないです。やり直しがきなかい手術をする時は、手術後のイメージの共有に時間をかける必要があります。美容外科は保証制度があるところとないところがあり、保証期間も異なっています。なるべく保証期間が長いところを選ぶことも大切です。埋没法はダウンタイムが少ないですが、腫れの強さは美容外科ごとにことなります。美容外科は独自の方法で埋没法の手術を行うこともあります。独自の手術で腫れが少ない埋没法の手術を行っている美容外科は人気です。二重形成に特化したごく細の糸を使用する美容外科は、手術での腫れを少なくすることができます。手術の方法によっても腫れの強さは異なります。最新の埋没法では糸まぶたの裏側の粘膜に通すので、より腫れが少ないです。手術の前に行うカウンセリングは執刀医が行うことが望ましいです。こうしたことの確認を事前にすることは大切です。執刀医がカウンセリングを行うことで、実際の仕上がりと自分が希望するラインのイメージがずれることを防ぐことができます。二重形成にはデザイン力が求められていて、全体のバランスを考慮して二重のラインを決める必要があります。デザイン力のある医師を判断する方法とて、医師の経験を知ることがあります。美容外科の経験と形成外科の経験の両方が長い医師は、デザイン力と技術力ともに優れていることが多いです。

Copyright© 2018 憧れの二重なら埋没法!【ダウンタイムが短くなるので受けやすい】 All Rights Reserved.